« 2017年12月15日 武道家の理解する最強武器とは | トップページ | 2018年02月01日 なぜ月蝕を見るのか »

2018.01.29

泳ぎの名称を思い出した>抜手

先日、自分のできる泳ぎ方の名称が「クロール」ではなく、「抜手」(ぬきて)だと思い出せました。
自分は「クロール」では200~300mくらいしか連続して泳ぐことができませんが、「抜き手」であれば「疲れるまで」泳ぐことができる、というのは「平泳ぎ」と同様だと思われます。

思い出したことによる名称の違いで、身体でできることの違いが明白に意識できました。身体は脳味噌にコントロールされているというのがはっきりと出たわけです。これは言葉…取説屋で生きている自分としてはものすごく興味深いことです。

ちょっと説明させていただきます。

■ほぼ同じ動きの日本語の名称
抜手(ぬきて)、本抜手、早抜手等。
「ぬきて」と言っても「貫手」ではありません。「抜手」だということに注目してください。

■泳ぎ方の説明
「抜手」とは自分の学んだ範囲では、前に伸ばした手を体側から腹にそって抜いて、同時にもう一つの手で前に伸びる泳ぎ方を指す名称です。
「抜く」は「身体から抜く」ということを表し、前を指したり突いたりと共通した身体の開きと一緒に行われる動きで行うということになります。
決して水を掻きません

顔は上がっています。

足については書いているととても長くなるので今回は省略しますが、一般には「あおり足」と組み合わせることが多いと思います。

■英語のクロール crawl主な意味 Weblioより転載
https://ejje.weblio.jp/content/crawl
(のろのろ)はう、腹ばっていく、のろのろ走る、徐々に過ぎる、そろそろ歩く、こそこそ歩き回る、(取り入るために)ぺこぺこする、へつらって入られる、うじゃうじゃしている、(虫がはうように)むずむずする

crawlの意味や使い方 【動詞】 【自動詞】1〔+副詞(句)〕(のろのろ)はう,腹ばっていく.用例crawl on (one's) hands and knees よつんばいになってはう.He crawled into be... - 約1034万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる.....
EJJE.WEBLIO.JP

|

« 2017年12月15日 武道家の理解する最強武器とは | トップページ | 2018年02月01日 なぜ月蝕を見るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17037/66334909

この記事へのトラックバック一覧です: 泳ぎの名称を思い出した>抜手:

« 2017年12月15日 武道家の理解する最強武器とは | トップページ | 2018年02月01日 なぜ月蝕を見るのか »